UIButtonを押下した時の処理の実装

UIButtonを実装したなら、ボタンを押下した時の実装をしましょう。

目次

UIButtonのタップ時の処理を実装するには以下の手順を踏めばできます。

表示したい画面のxibファイルにUIButtonを設置する

UICollectionViewの動画ですが、同じ手順でできます。
UIButtonが下の動画ではUICollectionViewに変わっているだけです。


設置したUICollectionViewのAutoLayoutを設定する

こちらに関してはAutolayoutを参照

設置したUIButtonのイベントをxibファイルのソースコードで定義したIBActionのメソッドと結びつける

ソースコードで以下のようにボタンを押下した時のメソッドを定義します。
xibファイルとメソッドを連携させるには、メソッド定義箇所の先頭に、「@IBAction」をつける必要があります。
class ViewController: UIViewController {
    @IBOutlet var label: UILabel!
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view.
    }

    @IBAction fileprivate func pushedButton(button: UIButton) {
        self.label.text = "ボタンが押された!"
    }
}
xibファイルの設定と、実行結果