型変換

時に文字列を数値に、数値を文字列に変えたい時もあるでしょう。 そんな時に役立つのが型変換です。キャストとも言います。

目次

Intへの型変換

基本的に以下のやり方でできるようです。 Int([Int型にしたい変数]) ちょっと注意が必要なのは、String型にする時、「Int([Int型にしたい変数])!」と末尾に「!」をつけることくらいですね。 ここはアンラップというものです。こちら BOOL型は変換できないようです。 コンパイルエラーになりました。

Floatへの型変換

基本的に以下のやり方でできるようです。 Float([Float型にしたい変数]) アンラップが必要など、その辺りはInt型への変換とほとんど変わらないです。

Double型への型変換

Stringへの型変換

基本的に以下のようにかけばString型に変換できます。 String([Stringに変換したい変数])