Swift

 

基礎

if文 処理を条件によって分岐させます。
for文 指定した処理を、ある条件を満たしている間、繰り返し処理を行います。
switch文 ある変数の値に応じて処理を分岐させます。
クラスメソッド・インスタンスメソッド クラスメソッドとインスタンスメソッドの違いを説明します。
オプショナル型 Swiftで使われる「?」や「!」がどのように使われれているかを説明します。

NSNotification関係

キーボードの表示・非表示がされたときに任意の処理を行う キーボード表示に呼び出されるメソッドの実装をします。

UIView関係

ビューの変化にアニメーションをつける レイアウトを編集するとき、編集前と編集後の間の処理をアニメーションさせます。

UILabel関係

UILabel 画面に文字列を表示します。
表示する文字列にぴったり合う高さを取得する 文字列の長さに合わせてラベルの高さを動的に変えます。

UIScrollView関係

UIScrollView スクロールすることができるビューを表示します。

UITableView関係

UITableView リストや一覧を表示するのに使います。
UITableViewで指定したところへスクロールする なんかの操作をした時に、この位置までスクロールさせたい、という時に使えます。
新しくセルを追加する UITableViewのセルを追加するのに使います。
キーボードの表示・非表示を行う キーボードを表示したり、逆に隠したりします。

UITextField関係

TextFieldをタップした時に画面をスクロールする キーボードを表示させるとテキストフィールドが隠れてしまうという時に使います。

UIView関係

ビューの変化にアニメーションをつける レイアウトを編集するとき、編集前と編集後の間の処理をアニメーションさせます。
UIを操作する CGAffineTransformを使って、UIの移動や拡大・縮小、回転などをさせます。

デリゲートメソッド

関係するUIクラス プロトコル名
UITableView UITableViewDelegate・UITableViewDataSource

補足

レイアウト関係

IBOutletとIBAction マウスで画面のレイアウトを作れます。
Autolayout 画面の大きさが異なる端末にも対応ができます。
UIViewControllerのライフサイクル viewDidload、viewWillAppearメソッドなど、画面が表示される時に実行されるメソッドについて書きます。
レイアウトサイクル コード上でAutolayoutの編集を行うべき場所などを知るためには必要です。

文字列・数値関係

特殊変数 ファイル名やメソッド名などを出力するのに使います。デバッグ向けの記事です。
少数の操作 小数に対して四捨五入、切り上げ、切り捨てをします
型変換 IntをStringにしたり、IntをFloatにしたりと、型を変換します。